鈴木夏美 先生

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: suzukisensei02.jpg

留学・海外赴任・海外駐在への帯同など、『海外ストレス』の問題を抱えている人を支援しています

自身の留学経験や、帯同家族としての生活経験を活かして、『海外ストレス』の問題を抱えている人を支援しています。下記のような内容に当てはまると感じた方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 帯同後、夫婦関係が悪化した
  • 自分や子どもが現地になじめない
  • 狭いコミュニティの中で、本音で話せる場所がない
  • 日本人とばかり固まってしまって、これでいいのか悩んでいる
  • 孤独で寂しい、ホームシックになっている
  • 日本に帰国後、自分や子どもが日本の生活になじめない

利用者の声(一部抜粋)

30代男性

ことばの壁もあって、現地の人とうまく仕事ができないもどかしさがあった。自分の強みやポジティブな面にも目を向けてくれて、そういう見方もあったのかと思った。前向きに変わる努力をしていきたいです。

40代男性

海外に来てから、夫婦喧嘩が増えました。ただでさえ仕事が大変なのに、家に帰っても不機嫌な妻がいて、はけ口がありませんでした。話を聞いてもらい、もう少し相手のことも考えてみようと思いました。

20代女性

奥様会のつき合いが面倒でストレスでした。だからといって孤立するのも嫌で、どうしていいか分からず悩んでいました。つき合い方を一緒に考えてもらえて嬉しかったです。

40代女性

子どもが学校へ行っている間、毎日やることがなくて気持ちが塞ぎがちでした。日本の友人や家族に相談してもなかなか伝わらなかったり、贅沢な悩みだと言われたりして分かってもらえませんでしたが、共感してもらえてスッキリしました。

ココロトスタッフからのおすすめポイント

ココロト
スタッフ

鈴木先生は海外で長く生活されてきたご経験があるため、海外にお住まいの方ならではの問題やお困りごとに大変詳しい先生です。コミュニケーションに困っていたり、孤独を感じていたり、生活や身の回りのことでお困りごとがある方は一度相談してみることをお勧めします。

鈴木先生のプロフィール

鈴木 夏美(すずき なつみ)女性 30代/ 臨床心理士

学生時代に異文化や英語に興味を持ち、アメリカの大学へ進学。大学では心理学を専攻し、帰国後、日本で臨床心理士となる。子どもの支援や、企業でCBT(認知行動療法)をベースとしたストレス・マネジメント研修を実施。 結婚後、駐在員の妻として再度アメリカへ行き、出産・育児を経験。計9年間アメリカで生活。

Zoomオンラインカウンセリング

現在、受け付けておりません

メールカウンセリング

メールのやり取りのみで悩みごとの相談を行うカウンセリングです。回数は4回で、有効期限は購入日から3か月 (90日) です。カウンセラーは、あなたが送ったメールに対して2営業日以内に返事をお返ししています。カウンセラーにはそれぞれ週2日の休業日があります。鈴木先生は土曜・日曜がお休みとなります。

※ あなたと担当カウンセラーの間でメールを1往復すると1回とカウントされます。

料金::8,800円(税込)/4回

鈴木先生のコラム

こんなにも違う!日本と海外の子育て事情①離乳食編 | ココロト

皆さん、こんにちは。臨床心理士の鈴木夏美です。著者は臨床心理士で、2人の子どもを育てるママです。以前に9年ほどアメリカに住んでいたことがあり、上の子はアメリカで…

こんなにも違う海外と日本の子育て事情 ②親ファーストvs子どもファースト | ココロト

こんにちは。臨床心理士の鈴木夏美です。前回に引き続き、他国と日本の子育てスタイルを比較することで、一歩ひいた目で日本の子育てについて考えてみたいと思います。少…

こんなにも違う!海外と日本の子育て事情 ③大人時間を楽しむ | ココロト

こんにちは。臨床心理士の鈴木夏美です。本連載では、主にアメリカと日本で親がどのように子どもに関わる傾向があるかを見てきました。過去の記事は下記をご覧ください。…